blogarithm

現役理系大学生の雑記ブログ。

AppleでiPhoneのバッテリー交換をする際の注意点

Appleでお得なバッテリー交換を!

 iPhoneのバッテリーの減りが早いとお悩みの方、Appleが発表した「iPhoneのバッテリー交換プログラム」をご存知でしょうか。これはiPhone6以降のモデルのバッテリー交換をAppleCare+の保証期間内であれば無償*1で、保証期間外であれば従来は8800円であったところを税抜き3200円*2で、1台につき1回だけ行ってくれるというものです。期間は2018年12月31日までです。そして、Apple直営店またがApple正規サービスプロバイダへの「持ち込み」、またはサポートセンターへの「配送」をすることで修理できます。大学生の僕のように「iPhoneが数日間も無いと困る!」とお考えの方はぜひ「持ち込み」で修理をしましょう。

 

 申し込み方法は難しいことはなく、下記のApple公式サイトの「バッテリー交換を申し込む」をクリックすれば、あとは丁寧に誘導してくださいますのでご安心を。

support.apple.com

 

実際にやってみた感想

 僕はApple正規サービスプロバイダであるビックカメラで持ち込み修理をしましたが、かなり早くてビックリしました!修理時間は15分程度、その他重要事項の説明などは10分くらいでした。混雑すればもう少しかかると思いますが、予約された方が優先だそうです。

しかも修理部分(今回の場合はバッテリー)は90日間の保証がつくそうで、iPhone修理業者に任せるよりも安心でお得だと感じました。1つ不満点をあげるとすれば、新しいバッテリーが充電満タンではなかったということぐらいです。

 

やってみたからわかった意外な注意点

 1つ目の注意点は、事前説明のときにはじめて知ったのですが、「バッテリー交換に支障をきたすような損傷があれば、そちらを先に修理してからバッテリー交換がする」ということです。そうなれば3200円どころの話ではなくなります…。よく見ると公式サイトにも書いてありました。画面のひび割れなどがそれに相当するそうです。そうなった場合は担当者としっかり話し合って決断しましょう。

 

 2つ目は、バッテリーに水濡れがあった場合は3200円ではなく3万円以上の修理費がかかるということです!Appleの担当者は、水濡れがあればバッテリー交換は金額的にもおすすめしないとおっしゃっていました。バッテリーの自然劣化のみが対象ということでしょうか。心配な方は事前にサポートセンターに問い合わせることをお勧めします。

 

 そして最後の3つ目は、未成年は親の同意がないと修理することができないということです。そのため、電話をかけてAppleの担当者が親の同意を得たことを確認する必要があります。僕は大学生ですが未成年ですので、その場で電話することになりました…。親と行くのが良さそうですね。

 

おわりに

 最後まで読んでくださってありがとうございます!かなりお得なバッテリー交換だけあって規制が多いと感じますが、たいていの方は無償または3200円で修理可能だと思います。念のためバックアップを取ってから修理に出しましょう!

*1:バッテリー劣化状態が最大容量の80%以下のときのみ

*2:バッテリー劣化状態が80%以上でも可