blogarithm

現役理系大学生の雑記ブログ。

趣味を見つける。ブログをはじめる。

自分、趣味がない…。

 「あなたの趣味は何ですか。」と尋ねられたときに、僕は「私の趣味は、」と答えられるような趣味を持ち合わせていなかった。

もちろん何にも興味がなかったわけではなく、趣味と言えるほど深掘りしたものがなかったのである。友達に勧められたり、流行したものを手当たり次第あさっていただけであった。

これを機に、自分も趣味を作らねばと考えた。しかし、そもそも趣味と化するほど何かを愛するきっかけは偶然性が高く、それを司るのは本能的な部分である。したがって、趣味を作ろうとあれやこれや挑戦してみても、その時その時で「楽しい」「面白い」などと浅はかな感想を持つだけで、やっていることは今までと変わらなかった。

 

自分と見つめ合う。考える。行動する。

 ではなぜ趣味がないか。

 僕が思い浮かんだのは「大学生としてそれっぽい学生生活を何となく過ごしてきたから。」である。講義を受けて、サークル行って、時間があれば訳もなく集まって騒いで。言うなればTHE量産型大学生。そこから導き出されたのは「日常生活で何らかの刺激を受けるきっかけがなかった。」という現状。完全に「学生生活ってこんなもの」というレッテルを貼って過ごしていたことが原因である。

今の現状から抜け出すために、「自分が興味のあること」と「周りがしていないこと」の共通項を探した。最初に浮かんだのはYouTuber。中学の頃からYouTuberを見ていたし、大学生の時に初めて有名になったYouTuberは多いのでありだと思った。しかし高飛びができない僕が棒高跳びするほどハードルは高かった。YouTuberの路線に近い、ネットを経由して何かを伝えるもの…。

 

 ブログだ。

 

理系ということもあって文章力には自信がなかったが、何にでも自分の意見は持つタイプだったし、自分の経験も踏まえて語れば良いと思い、あえて特化せずに雑記系のブログを書こうと決めた。少し見切り発車だったような気もするが、ここで躊躇しても意味がない。

こういう訳でブログを書き始めた。無名であるからむしろのびのび書ける。多くの記事を書いて、多くの方々に見てもらいたい。僕はそこから対数グラフを思い描いた。ということでブログ名を対数 logarithm と blog の造語で blogarithm にした。

 

 まだまだ素人だが少しでも前に進んで、「私の趣味は、ブログです。」とでも言えるように。